上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発見してから、谷山浩子さんが止まらない。
雑食ダリチ 【癒死】シンガーソングライター谷山浩子さん【紅マグロ】

作業用BGMが止まらない。谷山浩子さんのライブに行かなくてはならない。
「素晴らしき紅まぐろの世界」と「まもるくん」と「そっくり人形展覧会」を聞かなくてはいられない。頭の中でリピートも止まらない。

聞き続けると、体の裏と表も綺麗に裏返るって噂。誰でも気絶するって仕掛け。

わかりやすい歌詞じゃなくて、狂気が滲むのが素敵だな。ポジティブとネガティブが混ざったような明るく狂気。楽しく狂気|、ン、)

意味があっても無くても、深くても浅くても、それで何も考えなくてもいい。ただ本人が、どんな気分で詩を書いているのか、曲を作ってるのか気になる。

「素晴らしき紅まぐろの世界」
紅マグロが好きな女の子の偏った愛情。まっすぐな愛情。かわいい愛情。
紅マグロしか、考えられないのが怖い。好きすぎて怖い。思い込み怖い。

「まもるくん」
まもるくんって想像上の生き物で、笑ってるのと身近な感じがどこか可愛い。
誰も見ないふりしてたり、まもるくんだらけになるけど、見ないふり。不気味すぎる。
新宿の地下道の壁から出てくるまもるくん。

「そっくり人形展覧会」
そっくりだけど、平気。何で平気なの?そっくりだから。
間違えても死ぬまで、君のもの。でも、そっくりだから、平気。
本物に出会えなくても、偽物でもそっくりだから、平気って歌。
偽物で満足するってことが多かったり、偽物を本物って思い込んだりする悲しい気持ちになる。
でも、そっくりだから、平気。

狂気に迷い込んだら、ワンクリック。
FC2ブログランキングへ投票
人気ブログランキングへ投票

谷山浩子のカオスな曲たち‐ニコニコ動画(ββ)


スポンサーサイト
谷山浩子さんの歌が素敵すぎて忘れたくない。

谷山浩子オフィシャルサイト
谷山浩子 - Wikipedia

NHKみんなのうたでもにも「まっくら森のうた -you tube」など何曲か流れていたようだ。谷山浩子さんの曲はポップホラー、癒死系などと形容される。電波度も高い曲があって最近の私の作業用BGMになっている。

おすすめは、「素晴らしき紅マグロの世界」と「まもるくん -you tube」。
もちろん、魚系の電波ソングということで、巡音ルカも歌っています。
【この発想は】巡音ルカ様の「素晴らしき紅マグロの世界」【あった】‐ニコニコ動画(ββ)

紅マグロ-♪が止まらなくなったら、ワンクリック。
FC2ブログランキングへ投票
人気ブログランキングへ投票


下は、谷山浩子さんの「素晴らしき紅マグロの世界」に絵をつけた動画。かわゆい。




棋士は個性の固まりだ。ファンになる理由も人それぞれだろう。

今回は、藤井猛九段についての神MADを紹介したい。
藤井猛 - Wikipedia

藤井九段は藤井システムで有名だが、私にはそれよりも解説の印象が強い。竜王戦の解説も楽しかったし、わかりやすかった。藤井猛九段が竜王を奪取した際の藤井システムという本を読んだが、非常に面白かった。特に、実戦譜は読みの定石やシステムといった理性的な部分と勢いや信念といった感覚的な部分が混ざって、書かれていて読み物として面白いかった。実戦譜だけ何回か読み返してしまう。

藤井九段が負ける時は、必勝形の終盤に不思議な手を出して、逆転負けをするパターンが多いと聞く。藤井ファンはそんな所も好きなようだ。

また、藤井九段の指す四間飛車を鰻屋に喩えるこの台詞は有名でキャラクターになっている。こういうユーモアと闘志が混ざった台詞回しが大好きだ。

「最近は居飛車党でも四間飛車を指す人がふえましたが、戦法の好き嫌いがないっていうのが、また僕には不思議です。しかも、にわか四間飛車党が結構いい味出すんですよ(笑)。でも、こっちは鰻しか出さない鰻屋だからね。ファミレスの鰻に負けるわけにはいかない。」(将棋世界2004年5月号P.121)

「私が居飛車を指していても、銀座で屋台を引いて頑張っていると思って、暖かい気持ちで応援して下さい(笑)」(鰻屋本舗-藤井九段の居飛車転向について

愛された結果、こんな神MADまで作られている。これは放送いつなんだろう?

プロフェッショナル 仕事の流儀 「棋士・藤井猛」‐ニコニコ動画(ββ)

好きな言葉は「居玉は避けよ。」なら、ワンクリック。
FC2ブログランキングへ投票
人気ブログランキングへ投票



どMのみなさん、こんばんは。

ニコニコ動画で実況プレイを行っているまっくすさんの動画を紹介します。
実況しているソフトが「I Wanna Be The Guy」というフリーソフト。すごく難しいことで一部で有名だったようです。まっくすさんが、ほんと幾多の困難を乗り越えて、もうすぐ最終回になります。

ソフト自体も有名ソフト(テトリスやストツーやカービーなど)のパロディが多彩で面白いです。音楽も来たことある名曲ばかりです。でも、なによりも主人公を殺すための罠が意外性に満ちあふれていて、孔明もゆい姉さんもびっくりです。一番の魅力は、どんな罠にも立ち向かい続けるまっくすさんの噴気でしょう。「ちょっと、まじめにやります」「次こそは…」などの死亡フラグもばっちりです。期待を裏切ることを常に裏切らない、まっくすさんとI Wanna Be The Guy。最後はどうなるのか、非常に楽しみにしています。

どMの仲間入りしたら、
FC2ブログランキングへ投票
人気ブログランキングへ投票

新発売だった巡音ルカの歌がたくさんニコニコ動画にアップされておりますが、この歌がダントツに好きだ。題名からコミカルな歌かと思ったけど、全然違った。むしろ、シリアスな歌だった。

「から回ることを続けていたら報われると信じていた」って歌詞が特に私の心に突き刺さって抜けてくれない。
そんなルカ曲【巡音ルカ】ダブルラリアット【オリジナル】‐ニコニコ動画(ββ)

しかも、一時停止を押してもまだ回り続けて、ちょっと面白いことが起こる。センスあるよな、歌も動画も。





後ろのザンギエフが気になったら、
FC2ブログランキングへ投票
人気ブログランキングへ投票


Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。