上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬派と猫派には、超えられない壁があると思ってた。しかし、いつの間にかこのサイトを巡回するようになっていた時、その壁は幻だと知った。ほげほげとしたジュルに癒される。かわいい。しかも、hana*さんや旦那さんのことが大好きなようで、甘えている幸せそうなジュルの顔をみることで読者は幸せをわけてもらえている。窓から指す太陽の光が大好きなようで、椅子の上の特等席でほげほげしてる姿が現実を忘れさせてくれる。hanaさんの詩のような文章とジュルの組み合わせで、心が綺麗になる。これが、猫派が虜になってしまって止まない猫癒しなのか。そんな、ジュルとhanaさんのほげほげ猫日記。

ジュルのしっぽ-猫日記-

写真もジュルがめいっぱい写っていて、かわいい。富士丸よりも全然可愛い。うーん、富士丸もかわいい。でも、ジュルがかわいい。富士丸も…。壁が無くなると困る。

しかし、現実を忘れさせてくれるジュルだが、hana*さんはしっかり、現実を見ている。ジュルは元は近所に住んでいた野良猫だった。その野良猫をどうして飼い始めたかには、深い理由と想いがある。

ジュルとわたしのメッセージ。 - ジュルのしっぽ-猫日記-

先日、犬を保健所から逃がすニュースがあったが、そんな短絡的なアプローチは全く意味がない。保健所では犬がたくさん殺されている事実を思い出させてくれたかもしれない。が、もし犯人に動物の殺処分をやめて欲しい気持ちがあるなら、hanaさんのような順序をもった活動をして欲しい。そもそも、野良犬は迷惑だろう。

今、ジュルのしっぽ管理人のhanaさんの呼びかけで動物の殺処分を亡くそうという署名が集められている。本気で行政を動かすには、殺処分を止めるには、国民の意見が必要なのだ。

hanaさんの呼びかけに応えませんか。署名よろしくお願いします。




スポンサーサイト
犬を飼うことが子供の頃からの夢だ。

一度、生後1ヶ月のハスキーを預かったことがある。
子犬は、階段もソファーの上れず、小さな段差で転んでいたり、
朝起きたら、枕元で寝ていたり、とてもかわいかった。

「富士丸の日々」を見ると、犬を飼いたくなって
心がモキュモキュする。

「富士丸な日々」は、ハスキーとコリーのミックスである富士丸と
1LDKで住まう穴澤さんの、一人と一匹の日記だ。

数あるペットブログの中で異彩を放っているのは、
穴澤さんと富士丸との距離感と写真のせいと
男が書くペットブログだからだろう。

決して見せない「うちの犬、かわいいでしょ。」オーラがいい。
また、穴澤さんの撮る写真からは、
寝ている富士丸の鼻水が床にたれるシーンなど
飼い主にしかわからない犬を飼うことの魅力が存分に伝わってくる。

糸井重里さんの運営するほぼ日刊イトイ新聞で対談の時に語っていたように
「自分から「何とかちゃん、かわいい」って書くのではなく、
バカと言ってるけど、読んでくれる人がかわいいと
思ってくれるように作ったほうが面白いかな 」ってポリシーがあるようだ。

富士丸がかわいいのは、掛け値なしで、
首元をわさわさわさわさ…したくなる。
動画では、露骨な態度が面白かった。
サンポって言葉、犬はわかるんですね。

穴澤さんの文章も秀逸で、
自虐ネタとおっさんネタをちりばめつつも、
料理や音楽など物知りな一面をちらちらと見せつけてくれる。
料理も上手で、音楽にも詳しく、ライブ活動もこなし、本も出して、
ハスキー犬を駆っている・・・・・と。

本当に、将来、なりたい大人の一人だ。

ワン!クリック、
FC2ブログランキングへ投票
人気ブログランキングへ投票



Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。