上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂口安吾「桂馬の幻想」を一読下さい。

不思議な気持ちになりました。

将棋のルールを知らなくても、もちろん、将棋を知ってる人には、何かしら感じることがあると思います。不思議な、人間、直感、運命、の神秘性を感じた気がしました。

坂口安吾と言えば、堕落論(青空文庫)が有名な純文学作家である。
坂口安吾の文章の書き方が、素直で、心のそのままの感情を良くも悪くも文章にしている。むしろ、素直ってこういう気持ちなのかなって思ってしまう。ストレートの文学。そのときの気持ちを正しく表している。だから、神秘と結ぶついてしまうのかなぁ。どうなんだろう。

短いエッセイも味がある。むしろ、エッセイ、短編の方が心地よい。

坂口安吾(青空文庫)ほとんどの文章があります。便利すぎる世の中便利すぎる。というか、青空文庫の存在って豪華すぎる。


坂口安吾デジタルミュージアム
でも、色々と見れます。


坂口安吾「桂馬の幻想」を読んだら、
FC2ブログランキングへ投票
人気ブログランキングへ投票



スポンサーサイト
Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。