上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
棋士は個性の固まりだ。ファンになる理由も人それぞれだろう。

今回は、藤井猛九段についての神MADを紹介したい。
藤井猛 - Wikipedia

藤井九段は藤井システムで有名だが、私にはそれよりも解説の印象が強い。竜王戦の解説も楽しかったし、わかりやすかった。藤井猛九段が竜王を奪取した際の藤井システムという本を読んだが、非常に面白かった。特に、実戦譜は読みの定石やシステムといった理性的な部分と勢いや信念といった感覚的な部分が混ざって、書かれていて読み物として面白いかった。実戦譜だけ何回か読み返してしまう。

藤井九段が負ける時は、必勝形の終盤に不思議な手を出して、逆転負けをするパターンが多いと聞く。藤井ファンはそんな所も好きなようだ。

また、藤井九段の指す四間飛車を鰻屋に喩えるこの台詞は有名でキャラクターになっている。こういうユーモアと闘志が混ざった台詞回しが大好きだ。

「最近は居飛車党でも四間飛車を指す人がふえましたが、戦法の好き嫌いがないっていうのが、また僕には不思議です。しかも、にわか四間飛車党が結構いい味出すんですよ(笑)。でも、こっちは鰻しか出さない鰻屋だからね。ファミレスの鰻に負けるわけにはいかない。」(将棋世界2004年5月号P.121)

「私が居飛車を指していても、銀座で屋台を引いて頑張っていると思って、暖かい気持ちで応援して下さい(笑)」(鰻屋本舗-藤井九段の居飛車転向について

愛された結果、こんな神MADまで作られている。これは放送いつなんだろう?

プロフェッショナル 仕事の流儀 「棋士・藤井猛」‐ニコニコ動画(ββ)

好きな言葉は「居玉は避けよ。」なら、ワンクリック。
FC2ブログランキングへ投票
人気ブログランキングへ投票



スポンサーサイト
坂口安吾「桂馬の幻想」を一読下さい。

不思議な気持ちになりました。

将棋のルールを知らなくても、もちろん、将棋を知ってる人には、何かしら感じることがあると思います。不思議な、人間、直感、運命、の神秘性を感じた気がしました。

坂口安吾と言えば、堕落論(青空文庫)が有名な純文学作家である。
坂口安吾の文章の書き方が、素直で、心のそのままの感情を良くも悪くも文章にしている。むしろ、素直ってこういう気持ちなのかなって思ってしまう。ストレートの文学。そのときの気持ちを正しく表している。だから、神秘と結ぶついてしまうのかなぁ。どうなんだろう。

短いエッセイも味がある。むしろ、エッセイ、短編の方が心地よい。

坂口安吾(青空文庫)ほとんどの文章があります。便利すぎる世の中便利すぎる。というか、青空文庫の存在って豪華すぎる。


坂口安吾デジタルミュージアム
でも、色々と見れます。


坂口安吾「桂馬の幻想」を読んだら、
FC2ブログランキングへ投票
人気ブログランキングへ投票



日記とかニュースとか、だらっと書くつもり。

広く浅く、好き嫌いがあまりないので、

サイト名を雑食ダリチとしました。

要領を得るまで、時間がかかりそうだけど、

自分のスタートアップページにするぐらいまで、

リンクとか見栄えとか、試行錯誤、考えていこう、かなと。

将来の自分へ、向けた今の気持ちでした。

意気込みなんて、ないよ。
Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。