上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬派と猫派には、超えられない壁があると思ってた。しかし、いつの間にかこのサイトを巡回するようになっていた時、その壁は幻だと知った。ほげほげとしたジュルに癒される。かわいい。しかも、hana*さんや旦那さんのことが大好きなようで、甘えている幸せそうなジュルの顔をみることで読者は幸せをわけてもらえている。窓から指す太陽の光が大好きなようで、椅子の上の特等席でほげほげしてる姿が現実を忘れさせてくれる。hanaさんの詩のような文章とジュルの組み合わせで、心が綺麗になる。これが、猫派が虜になってしまって止まない猫癒しなのか。そんな、ジュルとhanaさんのほげほげ猫日記。

ジュルのしっぽ-猫日記-

写真もジュルがめいっぱい写っていて、かわいい。富士丸よりも全然可愛い。うーん、富士丸もかわいい。でも、ジュルがかわいい。富士丸も…。壁が無くなると困る。

しかし、現実を忘れさせてくれるジュルだが、hana*さんはしっかり、現実を見ている。ジュルは元は近所に住んでいた野良猫だった。その野良猫をどうして飼い始めたかには、深い理由と想いがある。

ジュルとわたしのメッセージ。 - ジュルのしっぽ-猫日記-

先日、犬を保健所から逃がすニュースがあったが、そんな短絡的なアプローチは全く意味がない。保健所では犬がたくさん殺されている事実を思い出させてくれたかもしれない。が、もし犯人に動物の殺処分をやめて欲しい気持ちがあるなら、hanaさんのような順序をもった活動をして欲しい。そもそも、野良犬は迷惑だろう。

今、ジュルのしっぽ管理人のhanaさんの呼びかけで動物の殺処分を亡くそうという署名が集められている。本気で行政を動かすには、殺処分を止めるには、国民の意見が必要なのだ。

hanaさんの呼びかけに応えませんか。署名よろしくお願いします。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dariti.blog97.fc2.com/tb.php/34-2145cf3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。